ワキガ 治療と手術Top >  ワキガ治療  >  ワキガ治療薬

スポンサードリンク

どのような成分効くのか

ワキガの治療薬に有効な成分として汗のコントロールを抑えるフェノキシベンザミンや
プロパンテリンなどがあります。
ワキガや多汗腺症の治療に効果的で汗の分泌量の多い人は、治療薬によって
汗の量を少なくすることができます。
消臭効果があると言われているマッシュルームを原料とした漢方薬は
継続して服用することによって効果がでます。
ワキガの治療は、成分と自分の症状に合わせたものを使用することが大事です。
今では市販の制汗剤などには殺菌作用のある成分が含まれていますが、
ワキガには殺菌の繁殖を抑えることが清潔を保つ上で大事なことです。
塩化アルミニウムなどが含まれる成分には一時的に汗を止めることができるようですが、
体への負担を考えた上で使用しましょう。

ワキガ治療薬でワキガが治るのか

ワキガの治療薬でワキガが完全に治るということはできません。
治療薬はあくまで一時的な臭いを抑えるためのものなので
根本的な治療にはならないようです。
ワキガの治療薬では、日常生活に支障のない程度の治療薬になります。
治療薬には、抗生物質の軟膏クリームや内服薬、外服薬とあります。
ワキガの治療薬は、時間とともに徐々に薄れてくるので、一番大事なことは
治療薬を利用するならわきを清潔に保つことも心掛けなければいけません。
ワキガの汗の量を抑え、細菌の量を減らすという効果がありますが、
個人差によって効果が違います。
市販のワキガ治療薬には、消臭効果や漢方薬などがあり継続して服用することによって
体に負担が少ない予防法といえるようです。

スポンサードリンク

ワキガ 治療と手術Top >  ワキガ治療  >  ワキガ治療薬

サイト内検索

スポンサードリンク