ワキガ 治療と手術Top >  ワキガ治療  >  イオン導入(イオントフォレーシス療法)

スポンサードリンク

イオントフォレーシス療法とは

イオントフォレーシス療法は、水道水を利用した多汗症の治療法で、
多汗症部分に弱い電流を流すことで汗の生成を抑制していきます。
イオントフォレーシスは、細胞の内側をNaイオンとClイオンによって
電気分解され、電気的勾配の差によって発生される水素イオンが汗腺細胞を
阻害し汗の発生を抑える仕組みになっています。
日本ではあまり浸透性はない多汗症治療法ですが、汗腺の腺細胞を
イオンの流れによって阻害するために異常な発汗量を抑えてくれます。
手のひらや足の裏、わきの3箇所行える治療法です。
体へのデメリットは少なく、安心して行える治療法ですが継続的な治療が
必要となるために即効性はありません。

イオントフォレーシス治療法は?

イオントフォレーシス治療法の手順としては、手のひらやわき、足の裏など
多汗症となる部位を水道水に浸します。
浸した部分に弱い電流を流すことによって、汗を形成する汗腺の働きを
抑制していきます。
汗腺の働きを抑制することで多汗症による発汗作用を抑えます。
治療後効果は徐々に反映され、集中的に行えば2週間に一度の割合で
治療を行っていく必要性があります。
痛みや熱などの副作用を防ぐために、交流電流を用いたイオントフォレーシス治療
というものがあり、直流式の治療に比べると効果は少ないですが
副作用が少なくなることで安心して行えます。
イオントフォレーシスは、美容やエステなどにも用いられています。

イオントフォーレシス療法の効果

イオンの働きによって汗腺による細菌をなくし、多汗症の症状を抑制する
効果があります。
患者の負担をできるだけ少なくすることができ、効果が出始めるのに2
週間から6週間はかかりますが、効果が出るまで持続して行うことが必要です。
このイオントフォーレシス療法の効果には高いものがありますが、
日本ではあまり行われていません。
継続的な治療が必要になる治療法ですが、面倒くさいといったデメリットがあり、
今ではイオントフォーレシス療法を自宅で利用している人が多いようです。
イオントフォーレシス療法の効果がいくら高いと言っても効果は人それぞれなので
誰にでも改善できるというわけではありません。

イオントフォーレシスの持続性

イオントフォーレシスは多汗症の治療として行われていますが、
準備や施設間の問題から手間がかかり日本ではあまり普及されていません。
イオントフォーレシスの効果の持続性はあまりいので、
継続的な治療を強いられ多汗症治療に対する通院や費用などが
かかるなどのデメリットがあります。
多汗症改善のためのデメリットは大きいですが、時間に余裕のない方には
不向きな治療法です。
イオントフォーレシス治療は、効果が出るまでに継続的な治療が必要になり、
効果が出てからも定期的な治療が必要とされます。
そのために、多汗症の方にとっての通院治療が負担になる方が多いようです。

ドライオニックとは

ドライオニックとは、イオントフォレーシス治療の家庭用器具です。
ドライオニックはアメリカのジェネラルメディカル社の製品で国内販売しておらず
個人輸入で手に入れなければいけません。
ドライオニックは、多汗部を水道水で浸し電気分解によって電子イオンが
働き発汗を抑制する治療法です。
簡単に使用でき、薬剤などは使用していません。
また、副作用の心配もないかわりに定期的な治療が必要とされますが
8割程度の割合で解消できます。
ワキガだけではなく手のひらや足の裏などの多汗症を解消するために、
汗を停止したり汗の量を減少する効果があります。
民間治療というより理論的な医療方法として実証されています。

スポンサードリンク

ワキガ 治療と手術Top >  ワキガ治療  >  イオン導入(イオントフォレーシス療法)

サイト内検索

スポンサードリンク