ワキガ 治療と手術Top >  ワキガ手術  >  ワキガ手術の方法

スポンサードリンク

ワキガ手術の方法 切除法

ワキガの手術としては最も古い方法が切除法です。
ワキガの臭いの原因であるアポクリン汗腺やわき毛の部分など皮膚の組織を切除します。
切除法によって汗腺類がなくなるのでワキガが治る効果は高いですが、
わきの皮膚を切り取り縫い合わせるため手術後の一定期間は安静を必要とします。
また手術後に残る傷跡がデメリットであったり、運動の障害がでるなどの後遺症が残る場合が
あり現在ではほとんど行われていない手術です。

ワキガ手術の方法 超音波法

超音波法はわきの皮膚を数mmメスを使って開き、超音波器具を差し込んで
治療を行います。超音波の振動によって汗腺類を破壊し吸引していきます。
皮膚の切開範囲が小さく傷跡も残らず、30分程度で終了しますので
体への負担は小さく術後の回復力も早いです。
ワキガ多汗症の再発がないという
メリットも持っています。
治療性の効果は高く、今では最先端の技術による超音波法が主流に
なっていますがこのような病院が少ないのが現状となっています。

ワキガ手術の方法 ローラーシェーピング法

ローラーシェーピング法は汗腺を効率よく取るための器具を使用し、
わきの下をしわに沿って切開することでエクリン腺やアポクリン腺、皮脂腺を
皮膚の裏側から除去していきます。
手術時間は一時間程度で何回か通院を必要とします。
別名「削除法」とも呼ばれていて美容外科などでよく行われる手術です。
効果のほどは剪除法よりおとり、汗腺の残存を確認できない場合があり、
取り残しが生じるためにあまりおすすめできない手術法です。

ワキガ手術の方法 皮下組織吸引法

皮下組織吸引法はエステで行われる脂肪吸引法を応用した方法で、
皮膚の中に小さな穴を開けカニューレと呼ばれる勤続の棒によって
ワキガの原因である汗腺類を吸い取る方法です。
切開することもなく数mm程度の穴なので傷跡の心配がなく、
体への負担は少なく入院の心配はいりません。
ただ、汗腺類を完全に除去するのは難しいのでワキガの強い人には不向きで、
ワキガ臭が治らないといったデメリットを含んでいます。

ワキガ手術の方法 皮下組織削除法

皮下組織削除法は、ハサミのような器具によってわきを10㎜程度、
皮膚内の組織を均一に削ぎとっていく方法です。
皮下組織削除法では、あまり広範囲によってワキガ手術を行うことはできず、
わき下に傷跡が残る場合があり、黒ずみの原因にもなりやすいとされています。
術後は、わきを固定しなくてはならないので入院が必要とされるため、
医師の高度な技術が必要とされあまり気軽にできる手術ではないようです。

ワキガ手術の方法 皮下組織掻爬法

皮下組織掻爬法は、わきに小さな切れ込みを入れキューレットという
スプーン状の器具を差込みワキガの原因となる汗腺類を抜き取っていきます。
大きな傷跡ではなく、小さな穴から汗腺類を抜き取るのでキューレットの
加減具合によって完全ではなかったり、場合によっては周りの皮膚組織を
傷つけてしまうなどの高度な医師の技術が必要とされる方法です。
また術後の回復にも時間を要する場合があり、十分なワキガ手術ではないようです。

ワキガ手術の方法 剪除法

剪除法は、局部麻酔によってわきのしわより4cm程度の切込みを入れます。
皮膚をめくりアポクリン汗腺をハサミなどで取り除いていきます。
剪除法は、多汗症の原因であるエクリン汗腺を取り除くことはできないので
多汗症には向いていません。
アポクリン汗腺を十分に取り除かないと再生してしまう恐れがあり、
技術の高い医師によって手術をしてもらうことが必要です。
また、傷口が残ってしまうので女性には向かない手術です。

切開剪除法(せっかいせんじょ)

切開剪除法は、剪除法と同じような手術法で、わきの下を5cm程度切れ目を入れ
皮膚を裏返しにして、ワキガの原因でもあるアポクリン汗腺を医師の
肉眼によって取り除いていく手術です。
アポクリン汗腺を丁寧に取り除くことでワキガ治療の効果は高いと言われていますが、
難易度が高い手術なので医師の技術が必要になってきます。
切開部分は縫合するので傷痕が残ってしまうので女性には向かない手術法です。

スポンサードリンク

ワキガ 治療と手術Top >  ワキガ手術  >  ワキガ手術の方法

サイト内検索

スポンサードリンク