ワキガ 治療と手術Top >  ワキガ  >  ワキガの原因

スポンサードリンク

エクリン汗腺

エクリン汗腺は毛穴に関係なく広範囲で広がっています。
手のひらや足の裏に汗をかく多汗症の方がいますが、エクリン汗腺は
ここに多く存在しています。
エクリン汗腺から出る汗はほとんどが水分として発せられています。
この中には塩分が少量含まれている他、臭いなどはほとんどないのが特徴です。
誰もが持っているエクリン汗腺ですが、通常の人よりもエクリン汗腺から汗が
多量に分泌される症状として言われているのが多汗症です。
このエクリン汗腺は体温調節のために出される汗であり、アポクリン汗腺とは違う汗です。
エクリン汗腺は多汗症の方だけに多く存在するものと思いがちですが、
このエクリン汗腺自体は体温調節のためにはいいことであって正常なものなのです。
エクリン汗腺は主に能動汗腺の数によって保たれています。この数が低下すると
汗をかきにくくなったり体臭や嫌な臭いを発するようにしてしまう恐れがあります。

アポクリン汗腺

ワキガの一番の元凶ともいえるアポクリン腺は、わきの下だけでなく乳輪や
おへその周り、外耳、陰部、肛門の周りなど限られた部分にある汗腺です。
毛穴と直結しているために汗の成分として脂肪や鉄分、
色素、尿素、アンモニアが放出されます。
分泌される汗自体の臭いはほとんどありませんが、空気に触れることで変質し
皮膚の表面で分解され独特の臭いとして出されています。
アポクリン汗腺は思春期前後に発達し始めます。臭いの元となる粘り気のある液体が
空気に触れ分解することによってワキガとなるのです。
このアポクリン汗腺は色素を含んでいるために洋服などに黄色いシミとして残ることがあります。
アポクリン汗腺の分泌をそのまま放っておくと細菌が増殖し始め
だんだん臭いの強い物質を放っていくのです。

皮脂腺

皮脂腺の活動の活発化によってワキガ独特の嫌な臭いを発しています。
皮脂腺の主な働きは、油脂を分泌しお肌の潤いや細菌の進入を防ぐことです。
皮脂腺からでる油脂はアポクリン腺と同じ毛穴であり、毛穴から油脂と脂肪酸が
増えることで雑菌のエサとなり悪臭として臭いを出しています。
皮脂腺から出る脂肪分は多く、皮脂腺の活発化によって皮脂膜となり、皮膚や髪の毛に
潤いを与えています。
皮脂腺から出る油分は皮膚にとって大切な役割の一つですが、ワキガの原因を
強くする働きもあるのです。
皮脂腺は臭いを発する機能はもともとありませんが、皮脂膜内に過酸脂質などの
酸化物質を増やしたり、皮脂膜の強い刺激によって脂肪酸が酸化されやすい状態になることが
ワキガの原因にもなっていくのです。

その他のワキガの原因

ワキガの直接の原因として挙げられているのが3大汗腺です。
その他の原因としてさまざまな要因や体質によっておこるようです。
ワキガになりやすい体質は食生活や生活上のストレス、
遺伝などさまざまな原因があげられています。
一般的にも男性より女性のほうがワキガになりやすい体質のようで、
ホルモンの関係上、汗腺の活動が活発化しているためだといわれています。
また、自分の体臭に慣れてしまうとワキガに気づかないといったことにも繋っています。
ワキガの原因として汗腺や皮脂腺の悪循環な関係が細菌を発生しやすくしている状態に
しているのかもしれません。
多汗症も同じで、生活上どこかで細菌が繁殖しやすい状態を作ってしまっている
原因もここにあげられます。

スポンサードリンク

ワキガ 治療と手術Top >  ワキガ  >  ワキガの原因

サイト内検索

スポンサードリンク